2018/04/24

アースデイの贈り物ーーーホ・オポノポノとコネプラ 

今年のアースデイは特別な日でした。
28年前のアースデイが特別だったように。

28年前の4月22日、私はキャリアウーマンを目指すことをやめて、地球環境を守ることにライフワークをシフトしました。

ベリーズという小国に魅せられ、通いだして数年が経ち、熱帯林の自然保護区創りに携わっていました。そして米銀勤め(債券トレーダーだった)を辞め、モンキーベイ自然保護区を仲間と力を合わせて創りました。

私の魂が震えた最初の「成功体験」です。

地球環境を守る、という最終目標は今も変わっていません。

でもやり方は、新しいことを学び、自分が成長する度にどんどん進化し、この28年間、あれこれ学んできた事柄が、難しいジグソーパズルのピースがどんどんぴったりハマって行くかのように、私に新しい「絵」を見せてくれた今年のアースデイ@ハワイ島コナ。

統合と融合がものすごいスピードで起きています。

今年のアースデイにいただいた贈り物は、2007年に学んだこと(ホ・オポノポノ、コネクション・プラクティス=BePeaceプラクティス、NVC)は、どれも同じことを違うやり方で教えてくれいた、という気づき。

それぞれ別の先生から、別なものとして10年以上学び続けてきたのですが・・・・
結局のところ、私の魂が打たれたホイットニー・ヒューストンのThe Greatest
Love of Allのメッセージが伝えているように、
https://www.youtube.com/watch?v=IYzlVDlE72w

生前、我が家に滞在した水の結晶の江本勝博士が伝えたように、
http://www.masaru-emoto.net/jp/crystal/index.html

「愛と感謝」で心を満たして生きることが何より大事、と言う結論に辿り着きました。

それを「どうやるか」に関して、コネプラはシンプルで再現可能な方法を私に教えてくれました。ハートマス研究所の開発したエムウェーブなどのバイオフィードバックマシーンも使えるので、「これなら科学が大切な人にも伝わる!」と思いました。

まずハート(心臓)に意識を集中する。手の平を心臓に当てて、鼓動を感じるといい。
次に、まるでハート(心臓)が呼吸しているかのようにゆっくり息をして5秒で吸って5秒で吐いてを繰り返す。
そしてハート(心臓)を感謝(愛)の気持ちで満たす。

これがコネクション・プラクティスで教えているクィック・コヒーランステクニックの3つのステップです。これをゆっくりやると、心臓と脳が同期してコヒーランス状態になります。すると、洞察やインスピレーション(直感)がやってきます。

我ながら、自分の直感には驚かされることがしばしばです。

脳は恐るけど、ハートは恐れない。ハートには愛しかない。

ハートから直感が来たら、それに従って生きれば人生がどんどん豊かに前進していきます。


話は変わりますが・・・

振り返れば、第一印象ほど当てにならないものはありません。

私とイハレアカラ・ヒューレン博士との出会いは、散々なものでした。

彼との出会いは2007年ハワイ島。
「あなたの問題は何?(What's your problem?)」というのが彼が最初に発した言葉です。

そして、問題は私にある、と言われました(それは、その通りだ、とも思った)。

その後、当時平和運動を一生懸命していた私たちに「自分の中に平和を創れない人が平和を世界に創ろうなんておかしい、と神様が笑っているよ」と言われたのです。

私たちがグローバルピースキャンペーンを始めてから、どれだけ苦労し努力を重ねてきたかを何も知らない人にそんなことを言われ、私は気分を害し、腹が立ちました。

私が怒る時はたいてい、その人(レン博士)の言っていることが的を得ていてズバリつき刺さるから、なんですけどね!

「自分を何さまだと思っているんだ!」と心の中で叫び、もう二度と会いたくない、と思っていたことが懐かしいです。(この辺りの詳細は、今執筆中の本に書きます)

それでも、ホ・オポノポノという言葉、そのシンプルな教え(ごめんなさい、許してね、ありがとう、愛している、と繰り返すだけ)には魅力がありました。

日本に帰って私たちの周りにホ・オポノポノの4つの言葉を伝えルト、それを実践した人たちに奇跡のようなことが次々と起こり始めました。

例えば、玄さんの幼馴染でバンド仲間の瀬戸龍介さんは、「ホ・オポノポノ」という歌がインスピレーションで降りて来て、一瞬で作詞作曲しました。

元を辿れば、、ジョー・ビターレが書いた「風変わりなセラピスト」の英語記事を最初に日本語にして、ホ・オポノポノを日本に紹介したのは夫の森田玄です。

それを読んだ友人の天然酵母パン屋のみのりちゃんが、どうしてもレン博士に会いたい、と私たちに相談して来ました。それでレン博士に連絡を取り、みのりちゃんと一緒にハワイ島でレン博士と会えることになりました。

この時、私たち家族はコスタリカでリタ・マリー・ジョンソンからコネプラを学んだ直後でした。あの時は、コネプラとホ・オポノポノの教えの共通点には気づきませんでした。

その後、レン博士は来日することになり、日本にホ・オポノポノ旋風を巻き起こしたことを知っている人も多いでしょう。

昨日、そのジョー・ビターレからのメールで、久しぶりにレン博士のビデオを見るチャンスがありました。

そうしたら、彼の言っていることと、私たちが今、コネプラで伝えていることと、なんと共通点の多いこと!! 

「驚いた」なんてもんではありません。

コヒーランスになる、というのは、結局、ゼロになる、メモリー(トラウマや感情的記憶)を消して、Divinity(ゼロ)に戻ることと同じであることに気づきました。その状態になると、インスピレーションが次々やってくるので、それに従って生きれば人生がどんどん豊かに前進していきます。

あのままホ・オポノポノをやっていても、私の目指していることは少しはできたのかもしれません。(個人的にはホ・オポノポノは活用しています)

ただ、コネプラが私にとっては、より自分らしいツールであり、それを日本に伝えた最初の人間として、これからもコネプラのトレーナー「ラスール」の養成に尽力しよう、と改めて覚悟と自覚ができました。

ということで、今回は、私がこの5月末から来日して開催するコネプラ関連の情報をお届けします。

5/27-31<熱海>コネクション・プラクティス基礎コース1・2・3@熱海温泉合宿
https://resast.jp/events/253654

6/2-3<京都>コネクション・プラクティス基礎コース・パート1
https://resast.jp/events/256005

6/4-5<京都>コネクション・プラクティス基礎コース・パート2
https://resast.jp/events/256009

6/6-7<京都>コネクション・プラクティス基礎コース・パート3
https://resast.jp/events/256014

6/5-6<金沢>コネクション・プラクティス基礎コースパート2「つながりの道」
https://resast.jp/events/254924

6/9 ハート知性のイベント@赤坂 

6/10-11 <東京>コネクション・プラクティス 基礎コースパート1「つながりのプロセス」

6/12-16 <鹿児島県種子島> コネクション・プラクティス基礎コース1、2、3

6/22-25 <広島> コネプラ ピースイベント@広島

6/30-7/1<名古屋>コネクション・プラクティス 基礎コースパート1「つながりのプロセス」
https://resast.jp/events/254885

7/8 <札幌>コネクション・プラクティス 入門講座
https://resast.jp/events/258467

7/9-10 <札幌>コネクション・プラクティス基礎コースパート1「つながりのプロセス」
https://resast.jp/events/258472

7/10-11 <札幌>コネクション・プラクティス基礎コースパート2「つながりの道」
https://resast.jp/events/258700

7/12-13<札幌>コネクション・プラクティス基礎コース・パート3
https://resast.jp/events/259089

7/13-14 <札幌>コネクション・プラクティス基礎コースパート1「つながりのプロセス」
https://resast.jp/events/259093

7/19-23<湯河原>コネクション・プラクティス基礎コース1・2・3@湯河原温泉合宿
https://resast.jp/events/249927


まだ日程が決まっていないところは、日本のどこかでコネプラを開催できます。
日本のどこかであなたとお目にかかれたら、嬉しいです。












0 件のコメント: